2011年04月20日

なぜガスが漏れるのか???






2年半にわたるWAM4様との付き合いで


主にガスが漏れる場所はマガジンハウジングとインナーブロックとの間のOリングから、という事例が多かったです。



で、このガス漏れを完治させるには、


WAに対応させてもダメ。
GP製などののきつめOリングに交換してもダメ。
シールテープを巻いてもダメ。

↑ 漏れにくさの順。
とりが試した順でも有る。


で、シールパッキンで封じ込めるしかない、との結論に至りました。
↑ シールパッキンを塗布して組めば、ほぼ完璧に治せます。
ただし、全てのパッキンがあるところを全て完璧にシールしなければならないので、手間はかかります。
シールテープと同時期に施工したマガジンは未だ漏れ知らず☆
初めての試みだったので、シールパッキンはこってり塗ってありますw
SVのマガジンは漏れ率が圧倒的に低いと言いますが、ま、それが正常な商品ですよねw




何でガス漏れするんだと思いますか?
とりは、WAM4をメインウエポンにして、サバゲで使い倒します。
それはもう、ガンガン使います。
それはもう、いたるところが消耗しますw

だから、ガス漏れする。

というわけではなさそうなんですよね。。。

だって、とりのマガジンは買ってすぐ、一発も撃たずにガス漏れしましたからw





ま、結論を言ってしまえば、
初期物のマガジンには構造上の欠陥がある
ということです。
何を今更。。。と思われるかもしれませんが、コレがガス漏れの大きな要因だったんです。


じゃ、どこの構造が悪いの?と、思いますよね?

はい。
マガジンハウジングとインナーブロックの固定方法とOリングの入れ方に根本的な欠陥がある
ということです。

1 マガジンハウジングとインナーブロックの固定方法
WAM4のマガジンではマガジンハウジングにインナーブロックを固定する際、ロールピンとソリッドピンピン(カタログ表記はインナーブロックピン、インナーブロックピンB)を差し込んで固定します。
ピンで固定する方法は、固定する2つの物の精度が出ており、一方向(上下or左右)の固定のみ必要な時、有効な方法となります。
WAのマガジンの場合、上下、左右共に大きくガタがあるため、ピンで固定する方法自体が間違っていることになります。
また、Oリングはマガジンハウジングとインナーブロックの隙間を埋めるためだけの役目しか負っていません。
マガジンハウジング、インナーブロックの加工精度の誤差を埋めるのにOリングを使っているだけなので、
ガス圧力がかかった時に、その圧力に耐えることができずにガスが漏れるわけです。

また、ハウジングの隙間に異物(サバゲで使えば、木の葉の粉々になった物)が入り込み、そこからガスが漏れ、その異物がマガジンの中からでてきたりもしますw



2 Oリングの入れ方
1でも書きましたが、Oリングはマガジン上方から押し込んで入れる構造で、マガジンハウジングとインナーブロックの隙間を埋めているだけなので、そもそもが内側からのガスの圧力を受け止める構造になってないんです。
内側からの圧力を封じ込めるには、それ相応の構造をしておく必要があるわけですが、このマガジンはそうでないのでガスが漏れる、と。


3 ガスの管理
常にガスの圧力をかけておく。
ある程度、しっかりガスを入れたままにしておいた方が漏れにくくなるような気がします。
コレに関しては、比較対象が無い(とりは全マガジンいつもガスを満タンにしてある)のであくまでも参考として。。。




おそらくここまではWAでもわかっているはず。
仮にも製品を世に出している会社なので。。。

だから、SVマガジンになったとき、インナーブロックを留めるピンが太いものに変わり、同時にOリングも太いものに変えたんだと思われます。
SVマガジンは漏れにくくはなっていますが、やっぱり根本解決ではないので、たまに漏れる個体もあるようです。
とりのサバゲ仲間のSVマガジンでも漏れが発生しています(約3割、イチローの打率と同じですねw)。
不具合発生率としては最悪の数字ですが、初期マガジンの10割から比べれば大幅に改善が見られた、ということでしょうか。。。
工業製品の不具合発生率3割ってありえない数字です。
車業界ならリコール、ですよ。。。(だから、初期物はタダで修理したんだ!!)
ありえないことが起こるから人生はおもしろいわけでw


いくら人生が人生がおもしろくなってもガスが漏れたらつまらない♪

と、いうことで対策方法。
1の原因を対策するのはとても難しいです。。。
できなくは無いですが、現物合わせの加工がかなり必要になってくると予想されますので、ここでは言いませんしやりませんw
とり自身、最小限の加工で最大限の効果を欲しておりますので、興味ある方は試してみてください。
ピンを変え、インナーブロックに加工をすればいけるはずです。
例えばボルト止めに変えるとか。。。

加工の手間がかかるので、WAでも初期物のマガジンを送って修理してもらうと、
2 の対策をとってくる訳ですねw
もともと、ガスが漏れないような構造をしてないので、いくらOリングを太くしようが根本的な解決にはなってないんです。




心のスキマはモグロさんに任せて。。。

マガジンハウジングとインナーブロックのスキマはシールパッキンに任せましょう♪

① マガジンハウジングに塗る
② インナーブロックにシールパッキンを塗った後、Oリングをつける
③ 組み付け(ピンを2本入れる、順番はBB弾を入れる側が先)
④ ガスを少し入れる


という手順になるわけ。


その理由は
① マガジンハウジングに薄く塗ることで、マガジンハウジングとインナーブロックのスキマを少なくする
② インナーブロックに塗ることで、Oリングを太くしたのと同じことになる
③ この状態で組むことで、太くなったインナーブロックのOリングが、マガジンハウジングのシールパッキンを掻き落としながら組み付く。
④ ガスを少しだけ入れることにより掻き落とされたシールパッキンがOリング側へ押し付けられ、その状態で固まることにより、ガスの漏れるルートをふさいでしまう。


てなもんです。



ガス漏れと決別したいのなら、この方法を試してみてください☆




最初の2回ぐらいはうまくいかないとかも知れませんがw

結構シールパッキン塗るのがコツがいるんだわww





これやるとWAの保証受けれなくなりますので、そこんとこよろしくw

保証がなくなるのと、ガス漏れがなくなるのとどっちがいい?



俺はガス漏れが無い方がいい!!




  
Posted by とりあたま at 00:53Comments(5)WAM4